avatar
インタビュアー
最初のご質問なんですが、今お仕事は何をなさっていますか?
avatar
H.T.
会社員で、住宅関係の仕事で退去後のお部屋のチェックとかそういったことをしています。
avatar
インタビュアー
FX を始められたのはいつ頃ですか?
avatar
H.T.
一番最初にやったのは2005年なんですけど、そこからはやったりやめたりして、2年ぐらい前から、それまでは行き当たりばったりでやってたのをちゃんとチャートを見て傾向と対策をたてるような形で勉強しだして、丸2年前になります。
avatar
インタビュアー
始められたきっかけをもし差し支えなければ教えていただけますか?
avatar
H.T.
前の会社が時間がすごく不規則かつ長時間のところで、やっぱり自由な時間も使いたいし収入が(もっと)欲しいということで、ちゃんと本格的にやってみたいと考えるようになりました 。
avatar
インタビュアー
始められたばかりの頃はうまくいきましたか?
avatar
H.T.
以前の経験があったのでうまくいったり、いかなかったり。
うまくいってる時はすごく気持ちもいい感じになるんですけど、やっぱり負け出した時がすごくメンタルに左右されて、勝ったり負けたり、トータルでは負けていました。
avatar
インタビュアー
そうですか。メンタル。
avatar
H.T.
そうやっぱり大事だな。メンタルプラス戦略戦術って言うから、負けないための(メンタルの)部分は大事だなと思うようになってました。 
avatar
インタビュアー
鹿子木式勝ちパターンに出会われて、始められたのはいつ頃になりますか?
avatar
H.T.
(「FXで勝つための資金管理の技術 損失を最小化し、利益を最大化するための行動理論」パンローリング社刊、を手に取りながら)最初に1年ぐらい前に梅田の紀伊国屋さんで、これです、これを手に取って読んで、こういう考え方、そしてこういう戦略なるほどな、と。だから健さんのは派手な感じではないです。

確実におさえるところはおさえて、考えて考えて、こうやってたら必ず資産は増える、増えていくと腑に落ちて。ああそうだなあと。

結局今までは勝つときはすごく勝つ、負ける時は負ける。
トータルでみたら増えてない。

これは前に進まないなと思ったので、実際それを買って多分4、5回は読んでます。 
avatar
インタビュアー
すごいですね。
avatar
H.T.
こちらはね。

(「初心者からプロまで一生使える FXチャート分析の教科書」総合法令出版刊、「FXで成功するための勝ちパターン理論」パンローリング社刊、「サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX」ぱる出版刊、等を指しながら)この辺は2回ずつぐらいだと思います。

頭になかなか入らないんで。 
avatar
インタビュアー
本をお読みになって実際に変化はありましたか?
avatar
H.T.
実際にまず今でいうパターン1と2ですかね。
特に1のほうがわかりやすかったんで、それでまずやってみました。もちろんうまくいく時いかない時ありまして。

実際書いていただいた内容はおっしゃる通りです。
実際に自分で実践でやった場合には、やっぱり感情の波があって、本来はこうしなきゃいけない、だけどここはいけるんじゃないかとか。やっぱり自分への甘えや過信が出るので。

もちろんうまくいく場合の考え方捉え方っていうのは頭でわかってて、まだそこまで実践できるまでの習得ではなかったな、と。

8月にメデュの募集(※編集注:投資助言サービス「SOPHIA FX 鹿子木健の勝ちパターンシグナル」の会員募集のこと)があったので入らさせて頂いた次第なんですけどね。  
avatar
インタビュアー
入られてどんなところがよかったですか?
avatar
H.T.
毎日動画と書いていただいたレポート読んで、やっぱり自制心がかかるようになりましたね。

(それ以前は)なんでもこれいけそうだなと思ったら全部いってたんですね。
(ロスカット時の損失許容額が)ちょっとぐらい資金の1パーセントとかいっても、
またこれ出てるんだったらちょっと超えてもいいかとか、

あと健さんが動画とか文字で書いていただいた、ここにまで来たら絶好の買い場です売り場です(というエントリーポイントや)、今サインは出てるけど実際のレートがここなのでまだ今飛びついたら早い、とかそういうのがわかって、
実際その通り戻りとか押し目を待ってうまくいった経験ができてきたので、

8月は入った月はどちらかというとまだマイナスだったんですけど、9月10月11月の今途中までは、勝率はまだ5割ないですけど金額的にはだいぶプラスになりました 。  
avatar
インタビュアー
差支えない範囲で金額は伏せていただいていいんですけど、どのくらい増えていますか?
比率でもなんでも。
avatar
H.T.
比率でいうと、月でだいたい運用金の4~5パーセント。
avatar
インタビュアー
すごいですね。
avatar
H.T.
9月と10月ですよ。8月はマイナスで。
11月は今の時点で多分(プラス)。
今月すごくいいんです勝率。
今月は今で多分6、7パーセント。
avatar
インタビュアー
すごい。まだ今月始まって10日ぐらいしか経ってないですよ。
avatar
H.T.
まだ裁量でやってるところはあるんですけど。
以前だったらパターン2が出たら、例えば三分割で健さんはシナリオっておっしゃるじゃないですか。
今までこうだったけど、方向変わってシナリオ(変更)。

僕はここまで待って反転してすごいプラスだったのがトントンかマイナスというのが今までたくさんあったんですね。

そこで今でもよくおっしゃられて、著書でも(書いておられる)僕らは最終的に証拠金を増やすのが目的である、そこがやっぱり一番響いたところで。

まだ僕の中でかっこよく綺麗に勝ちたいとかそんなところがあったんです。(その考え方を)すごいクセとして持っていた。
そこをだいぶ修正できた。

で、もうここまで来たら一旦ここで利確しておこうっていうのができたんで。多分、プロフィットファクターがちょっとくらい悪くなっても最終的には前月より今月いくらかでも増えましたっていうのを良しとするということが、この2ヶ月でだいぶ成果と実感として当たってきたので。

今いい方向に来てるのかなと思います。
avatar
インタビュアー
すばらしいです。
avatar
H.T.
書いていただいてる勝ちトレードの発生条件とかあるじゃないですか。あれを最初の8月はわからないからこれやっとけばいいんだ、って(適当に)やってたんですけど、
でも1と2、10はわかるんですけど(※編集注:鹿子木式勝ちパターンは10種類あり、それを指す)、
あとは定義をわかってないんで、なんとなくそうかな、と。

(でも今は)スレッドに書いていただいてるのを見るのと実際モデルトレードでされてるのを比べた上で(※編集注:会員様向けに鹿子木健のモデルトレードを入口から出口まで公開している)、

自分はこれはいけるかなってそこでも取捨選択しながら、
この形だったらちょっといけるかなって思うのを選んでいます。

今は前よりはできてきたと思います。
それでもまだ失敗はあるんですけどね。
avatar
インタビュアー
すごいですね。
avatar
H.T.
いえいえ。 

今年1月からで考えたらまだまだそんなにトータルでプラスなってないので。(それでも減っていないのは)資金守ってるからだと思うんですね。

(1トレードの損失許容額が)0.5パーセントか1パーセント。
守ってなかったら多分もう途中で、もういいやってなってたと思うんですけど。

負ける時はもうここまでって決めて最初にストップロスを入れてるんで、それをしているおかげで勝率悪くてもめちゃくちゃな減り方はしないっていう。

やっぱり負けてるときには精神的にもよくないので、退場しなくてもいいことを考えるとすばらしいなと思います。
avatar
インタビュアー
資金管理を気を付けてらっしゃるんですね。
avatar
H.T.
はいそこを失ったら終わると思うんで。
avatar
インタビュアー
そうですよね。

もう一つ質問なんですけど、お仕事の経験がFXに生きたりあるいはFXの経験がお仕事に生きたりっていうことはありますか?
avatar
H.T.
多分双方に作用しているかなあ。

結局よく言われる手法じゃなくて、精神的な部分とか自分が欲を出したり、自分の中でちょっとここはいいやって目をつぶったりズルしたりしたとこは全部悪い方に帰って来るなって思いますね。

それはトレードでも仕事でも一緒だなあとは思います。

結局自分をいかに律して、ある程度安定した状態で取り組めるかが大事だなと思ってます。
avatar
インタビュアー
これからFXを始めようとする若い方に対してご自身の経験からアドバイスされるとしたら。
avatar
H.T.
すぐ儲かるとか、飛びつきたい気持ちはすごくよくわかるんですけど、絶対基本的なことをまずわかって自分をコントロールできるようになってから始めた方が絶対いいですよ。

しなくていい苦労はしない方が良くて。
やっぱり同じ努力するんだったら効率的に本当に身になる努力をすべきだと思います。

なので最初ちょっとこう自分のはやる気持ちを抑えて、本当にここは絶対基本的に出来ることを出来るようになってからされることをお勧めします 。
avatar
インタビュアー
本日はありがとうございました。