「不動産は○○を買いなさい!」
「誰でも儲かる○○不動産投資」
「資産〇〇億を達成した〇〇式不動産投資法」
「誰も教えてくれない〇〇不動産の嘘」

ちょっと待ってください!!

そんな本を読む前に、不動産の基本を学んでください。
そして不動産の本質を知ってください。

不動産は「マル秘テクニック」や「誰も知らない知識」が逆にあだになる世界。

騙されないために、恥ずかしい思いをしないために、いざというとき困らないために

不動産投資の基本の基本を30日間で学ぶ無料マラソン講座、開講です。

鹿子木 健(かなこぎ・けん)
株式会社メデュ代表取締役。
お金を扱う能力を高めるための普遍的な知恵を伝えることがライフワーク。
2004年から個人投資家として投資活動を始めた。投資分野は不動産、株式、外国為替証拠金取引(FX)、商品CFD、株価指数CFD、保険、暗号資産など。
2014年から関東財務局に登録の投資助言者として4年間、数千人の個人投資家に対しFX投資助言を行い、自身の全トレードをリアルタイムで公開。
現在も、エッジの効いたチャートパターンと勝てる行動パターンを組み合わせた「勝ちパターン」を提唱し、「鹿子木式10の勝ちパターン」としてまとめ、発信している。
専門は外国為替だが、国内外の不動産投資の経験は15年以上あり、不動産投資への造詣も深い。妻が商業物件の仲介エージェントに転身したのを機に不動産投資についてあらためて本格的に学び始めた。
『1週間でマスターFX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)、『初心者からプロまで一生使える チャート分析の教科書』(総合法令出版)など著書多数。

渡辺 暁(わたなべ・さとし)
40代の個人投資家兼事業家。
大学卒業後、化学メーカーに就職し肥料部門に配属される。肥料営業に従事し実績を積み上げた結果、20代で年上の部下を持つまでになった。しかしながら、業界全体の将来的な展望に不安を感じ、また、日本企業の枠組みで働くこと自体に面白さを感じず、挑戦の意味も含め米国系医療機器メーカーに転職。その後、抜群の実績を残し、プレジデントアワードを含むアワード受賞は複数回。トップセールスだけが選ばれるWinner’s Clubにも選出。
順調にサラリーマン生活を送り、充実した日々を生きていたが、外資系特有の雇用継続の不安にも晒され、在職中から不動産投資を始める。また結婚した妻が個人事業主であったこともあり、お店の経営サポートも同時に行う。3足の草鞋を履きながら進んでいたが、40歳で一念発起し会社を退職し独立。自分自身の会社も立ち上げ、現在は会社経営と不動産投資、FXや仮想通貨投資も行っている。不動産投資の知識や見識を深めるために、2017年にはCPM(米国不動産経営管理士)の資格も取得。